読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オノレとのたたかい

ドラムがちょっと叩けるタケちゃんのフリーランス転職戦争

伝え上手とは「こどもに教えることができる人」

こんにちは、アラフォー主婦ドラタケちゃんです。

 

フリーランス関連への転職を目指してます。

 

特にライティングに興味があるので、まずはブログの書き方、伝え方、とTwitterを勉強中です。

 

専門分野のブロガーさんのプレゼンは非常に勉強になる!!

 

ネットの時代なんだから当然知ってる、と思う人が多いのでしょうか?

 

私はヲタク様とか、職人さんの話を聞くことが好きです。

 

その世界観に感銘を受けて、私もその分野が好きになる!!

 

それってスゴイことですよね??

 

その分野を何も知らないという人に「良さを上手に伝えること」ができているのですから!!

 

ただ私の言う伝え上手は、決して専門用語をいっぱい並べて説明する人のことを言っているのではないです!!

 

こどもに教える先生のように!!

 

知識のない人にプレゼンするんですから、極端に言うと「小学生でもわかる説明」。

 

学生時代、学校や塾の先生がすごくわかりやすいたとえで授業してくれた時、先生の話に惹きこまれましたよね?

 

そんな楽しい気持ちになるブログに出会った時はラッキーです♪

 

何かに特化したスキルや知識があるわけでもない私。

 

ブログを始める前から、いろんなブロガーさん方の記事を見てきたつもりでしたが、いざ自分が始めると「伝えることの難しさ」を痛感します。

 

でも。「アラフォーから始めることに意味がある」

 

・ネット環境とか、色々調べまくって…と始めるなら20代でも良かったかも。

 

・ある程度経験してきてるから、アラサーの方が知識が活かされたかも。

 

そう思ったこともあるけど、歳…いっちゃったし。

 

けどね…。

 

・さらに経験を積んでいる。(つまりはネタが豊富)

・今の自分の方が冷静…不安要素が発生しても、ある程度自分で解決できる。

・感受性豊かになった…感情の起伏が激しいのではなく、小さなことにも幸せを感じたり感動しやすくなった。(良い記事を書く材料となる)

 

私の場合、アラフォーにしてフリーランスの世界に興味を持ったことが大きいけど、ブログとか何かを伝えたいと思ったら、結局年齢とか関係ないよね(笑)

 

伝え上手になる勉強、頑張ろ^^