ライティングハンター

ドラムがちょっと叩けるタケちゃんの天職追求訓練ブログ

厚揚げとニラの炒めもの、と母が来る目的

f:id:doratake_3JSB:20180527094627j:plain

こんにちは!
WEBライターをやりながら天職を追求する主婦、ドラタケちゃんです♪


書くことが好きで、ブログで執筆練習をしております。

 

昨日は久しぶりに私の母が遊びにやって来ました。

そこで、母に手料理を食べてもらおうと張り切って何が食べたいか聞いたのですが、いつも「ご飯とお味噌汁」としか言いません(笑)

 

いつの日か都会に遊びに行った時、ファストフード店や〇〇カフェといった店で、母の年代の方が普通に「バーガー」「ホットドック」を食べていたのが、「カッコイイ」と思ったものでした。

 

でも私の母はやっぱり田舎の母なので、「ご飯とお味噌汁だけで生きていける」と言うのでしょう。

結局、冷蔵庫にも大した食材が無かったので、あるもので私なりに母の好きそうなものを用意してみました。

<メニュー>

・十六穀米ご飯

・お味噌汁

・厚揚げとニラの炒めもの

・きゅうりのサラダ(きゅうり率が高いので)

これで多いと言った母。

母も私と同じで食が細くなったのか!?(笑)←少食が長生きの秘訣とか言わない?♪

 

<材料・作り方>2人前

〇お味噌汁

・水(味噌汁用鍋の半分ちょっと下)

・味噌(おたまの3分の1)

※味噌は白味噌を使用しています

・だしの素(今回はあご出し)1/2袋で4g

・玉ねぎ半玉

エノキダケ1袋(半分にカットしておく)

・絹ごし豆腐1パック(3~4パック小分けのもの)

・ワカメ5本指でつまむ程度

・ネギ1本(枝分かれ2つくらい)

 

①水を入れた鍋に火をつけ、沸騰し始めたらすぐに玉ねぎとエノキダケを投入し、だしの素を入れる

②ワカメを水にもどしておく(水多め)

③豆腐とネギを切っておく

④①から3分以上経っていたら味噌投入してOK

⑤豆腐、ワカメ投入、ひと煮立ちさせたら完成

⑥器に入れたらネギをのせる

 

〇厚揚げとニラの炒めもの

・油大さじ1(ゴマ油がおすすめ)

・絹ごし厚揚げ(もめんもOK)

・ニラ1束(しなるので多い方がおすすめ)

★醤油10㏄スプーン1杯(濃い目が好きなら大さじ1~2杯)

※醤油は南地方の甘い醤油を使用しています

★みりん10㏄スプーン1杯

★酒(みりんと同じ量)

★砂糖小さじ1(あれば)

★生姜チューブ歯ブラシの長さくらい

 

①火をつけたフライパンに油を注ぎ、少し熱したら厚揚げを投入

②中火で厚揚げを炒め、白い部分が少しキツネ色がついたら、いったん火を止める

③ニラを追加し★を入れて火にかけ、強火で1分炒めて完成

※豆腐は水切りをすると、水分が少なく味がしっかりつきます

 

〇サラダ(今回あった材料で)

・きゅうり1本

・じゃがいも1個

スプラウト1パック

・ツナ(今回はまぐろシーチキン)※油分は捨てる

・塩コショウ少々

・マヨネーズ(お好みで)

 

①きゅうりは輪切り、じゃがいもは適当にカットしてレンチンし、冷ましておく

※きゅうりはキッチンペーパーで軽く水切りする程度。私は面倒くさがりなので塩もみもしません

②じゃがいもが冷めたら、きゅうりとスプラウト、ツナをボールに入れて「塩コショウ」で先に味をととのえる

③マヨネーズで和えたら完成

 

厚揚げとニラの炒め物は、ドラタケの南の島では定番です♪

こんにゃくと豚のこま切れを足す場合もあります。

料理より食べることが好きでしたが、味付けの分量の比率を変えると「角煮」ができたり、だしの素を加えて「おでん」ができたり。

料理は本当に奥深いと興味を持つようになりました!

 

特別なメニューとか「インスタ映え」の料理は無理ですが、リアル家ご飯をアップすることで「見られて上達」するよう頑張りまーす(笑)

 

余談ですが・・・

 

母は体が弱いので外で働けないのですが、1人暮らしなので「家にこもるのが良くない」と、健康のために日頃からよくウォーキングをしています。

 

たまに妹夫婦の仕事の都合で、孫の面倒を頼まれるのですが、これも母の活力となっているようです。

 

そんな母が急にハマった「韓流ドラマ」

母が私の家に遊びに来る最大の目的は「Hulu見放題」です(笑)

 

母の友達や叔母達が、ブームが去った後の「冬のソナタ」にハマり・・・。

母は誰に何のきっかけで見せてもらったのか、昨年頃にその「冬ソナ」を見たことがきっかけで、1人暮らしの家でもDVDを鑑賞をするという「楽しみ」ができたようです。

でも近所のレンタルショップが近代化し「自動精算機(バーコードリーダー)」になってしまったので、あまり借りたくないのだとか(笑)

 

てなわけで、普段はおしゃべりな母が、とても大人しく好きなだけドラマを見ています。

私は横で仕事をしたりブログの書き溜めをするのですが、聞いてもいないのに母がストーリーを解説するのは、たまに困ります。

 

あと、気がつけば怖いくらい韓国語がわかってしまうようになりました。

家族が会話する場面の「オモニ~」とか「アボジ~」とか「オラボニ~」とか。

歴史ファンタジーの「ペハ~」とか「チョナ~」とか「セジャ」とか。

 

私はハマらない、と思っていたのに、意外と歴史ファンタジーのストーリーが面白い。

 

母は私を洗脳しようとしているのか何をたくらんでいるのか、そのうち聖地に行くとか言わないよね?(笑)←聞いてみたら「遠くに行くなら日本庭園」と言ったので安心

 

「韓国のドラマは今や日本人向けに作られているんだって。面白い話ね。」

母が放った噂の一言は、冷静にも見えたけど・・・噂が本当なら、私の母は見事に「策略」にハマっている。

1人でカウンター席に座って飲む勇気が無い人にオススメの「深夜食堂」

f:id:doratake_3JSB:20180525170927j:plain

(※イメージ画像です)

 

こんにちは!
WEBライターをやりながら天職を追求する主婦、ドラタケちゃんです♪


書くことが好きで、ブログで執筆練習をしております。

 

またまたHulu(フールー)見てしまいましたよ。←息抜きよ、息抜き!

今回私が見たのはコチラ!

 

映画「深夜食堂」と「続・深夜食堂

「続」バージョンは前回の話を見ていないとわからない、ということはありません。

 

私がこれをオススメしたい理由は3つ!

①登場人物、料理、ストーリー全てが素朴でジワる

②役者「小林薫」さんの演じる「粋(いき)」なマスターがハマり過ぎ

③1話完結で見やすい

 

まずは作品を知っていただきたいので、紹介しますね。

 

【「深夜食堂」とは】

 

2006年に発表された安倍夜郎(あべやろう)さんの漫画作品。

2009年にはテレビドラマ化され、今では韓国や中国でもキャストを変えて、テレビドラマ化されているほどの人気ぶりです。

舞台は歌舞伎町のとある路地裏にひっそりとたたずむ小さな「めしや(飯屋)」。

ドラマ版では、物語のイメージがオープニングでわかりやすく表現されています。

 

東京、夜の繁華街を車で移動している風景。

ギター1本と時々オカリナのような笛の音。

弾き語り風のオープニング曲、鈴木常吉さんの「思ひで」が流れます。

そこに「めしやのマスター」のナレーションが入り、物語が始まります。

 

一日が終わり、人々が家路へと急ぐ頃、俺の一日は始まる。

営業時間は、夜12時から朝7時頃まで。

人は「深夜食堂」って言ってるよ。

メニューはこれだけ。(豚汁定食、ビール、酒、焼酎)

あとは、勝手に注文してくれりゃあ、できるもんなら作るよってのが、俺の営業方針さ。

客が来るかって?

それが結構来るんだよ。

 

【マスター『小林薫さんの貫録』】

 

小林薫さん演じる店の主「マスター」。

ちょっと江戸っ子口調っぽいのが味があって、寡黙で「情が深い」人物。

店が好きで来る客、ワケありで心のよりどころを求め、ふらっとやって来る客。

そんな客たちに注文された料理を、マスターは、ほぼ断ることなく作ってあげます。

作れないものを注文された場合、その人が好きそうな別の料理を提案するという機転を利かせ、パパッと作ってあげます。

 

時には寂しそうにしている常連客に「何かあったんかい?」と優しく聞き出し、時には一見さんのグチをただ黙って聞いてあげます。

優し過ぎて時々、トラブルに巻き込まれます(笑)

 

このマスターですが、小林薫さんは料理ができないそうで、手元は料理人なのか別カットで撮っているようです。

でも、作業服に腰エプロンを巻いた小林さんの立ち振る舞いは、料理人そのもの。

料理のウンチクを語るわけでもなく、見た目が凝っている料理を出すわけでもありません。

ちょっと料理をしている感じを出し、あとは立ち振る舞いだけでマスターを演じきります。

(小林さんが調理する姿の見せ場も多少あります)

そんな小林薫さんに「惚れてまうやろー」の人はきっと多いはず!

 

【立役者は「常連客」】

 

この物語の見どころの一つが「常連客」たち。

松重豊さん演じる地周りのコワモテヤクザ「剣崎竜(けんざきりゅう)」。

そのヤクザに片思いしている二丁目ゲイバーの経営者「小寿々(こすず)」。←一番好き♡

ストリップ劇場で働くダンサー「マリリン」と、よく一緒に飲んでいる遊び人の「忠(ちゅう)さん」←忠さんはマリリンのいるストリップ劇場の常連さん。

 

ドラマでも映画でも、主人公は店にフラッとやってくる一見さんの「ワケあり客」というのがよくあるパターン。

常連客は、そのワケあり客を助けるマスターの後ろ盾となったり、時には常連客たちがワケあり客を助けたりします。

映画では端折っていますがテレビドラマでは、それぞれの常連が店馴染みになるまでのストーリーも展開されています。

 

その常連さんたちが店にやって来た時のストーリーを知ると、物語がもっと楽しくなるので初回から見るのもおすすめです。

 

注意!Huluでは映画のみ配信中です。(2018.5.25現在) 

最初からドラマを見たい方は、DVDレンタルを利用して下さいね。

今では宅配レンタルサービスも充実していますよ!

 

【登場人物と料理を結ぶことで色をつける】

 

深夜食堂」にやってくる常連客やリピーターが注文し、食べているもの(料理)は「毎回同じ」です。

 

ヤクザな剣崎はコワモテなのに「タコさんウインナー」

ゲイバーの小寿々さんは「甘い卵焼き」

常連客がのれんをはらいながら入口で「マスター、いつもの!」と言うと、視聴者は答えたくなります。

「小寿々さんは甘い卵焼き!」という風に、いつの間にか料理と登場人物が紐付けされて、覚えていくのが面白いのです。

それはまるで、「赤=かなこ」「紫=れに」のももクロちゃん達を覚えた時のような感覚でした。自画自賛的比喩!

 

お茶漬け、ナポリタン、生姜焼き・・・。

注文の料理は特別じゃなく、素朴な1品だったり普通の洋食、定食だったりしますが「食べている人にとっては特別なもの」

顔なじみの客が「いつもの」を食べている姿を見るだけでも、妙にジワるのです。

 

【まとめ】

 

映画の内容には触れませんでしたが、映画が見やすいようドラマのイメージを紹介しました! 

映画はおよそ1時間50分ほどですが、1話完結で3作あり、とても見やすいですよ。

ドラマを見ていなくてキャストを知らなくても、入り込みやすい映画です。

 

でも一番のおすすめポイントは、家でお酒でも飲みながら鑑賞すると「常連客と一緒にカウンターにいる」かのような気分にさせてくれること!

1人で飲食店に行き、カウンター席に座って飲むという「通なスタイル」に憧れる私にとって、「深夜食堂」はそれを疑似体験させてくれる最高な作品です♪

 

動画サイトの会員でない方は、DVDレンタルショップなどでどうぞ。

 

体調不良!わかめ雑炊を作ってみた。

f:id:doratake_3JSB:20180524231622j:plain

こんにちは!
WEBライターをやりながら天職を追求する主婦、ドラタケちゃんです♪


書くことが好きで、ブログで執筆練習をしております。

 

祟りじゃ、たたり!!

月曜日、大好きな「島外」の戦友が突如来たから、酒飲んで浮かれて。

火曜日、半日死んでて、あと少しで終わる2つの記事を「だいたい片づけて」。

水曜日、朝から深夜まで1つの大きな仕事を全部終わらせて。

木曜日・・・体調がおかしくなった。

 

ダンナ様は最近質素なご飯か、買い弁が続いた。

私はこんな生活で胃を悪くして食欲が無くなった・・・が痩せない。

 

なんかね、最近痩せにくいし体調崩しやすいし、治りにくいし。

お腹が空いて「ぐーぐー」鳴っているのに、ご飯を食べたら胃が受け付けない。

ご飯が食べれないから、元気が出ない。

 

とにかく2日くらいは自分をいたわる食事を中心にした。

ダンナ様には普通のご飯でね。

 

1日目「お雑炊」

2日目「お粥さん」

 

卵があると思ってウキウキして冷蔵庫を見たら、ダンナ様が消費済。

これは仕方ない;

ダンナ様が、自分でご飯作って食べてくれたこともあったから。

でもそこは主婦。体調不良でも「ある物で」やってやるさ。

てことで写真は、最初に食べた「わかめ雑炊」♪

 

でもビックリ。

食べてから知ったけど、海藻類は消化に悪いんだね(T_T)

 

じゃ~方向性変えよう!

今回は超簡単♪

ダイエットの1食に「わかめ雑炊」レシピ

(強引?)

 

<材料>1人前土鍋用

・米(大さじ2)

・水(鍋の7分目)

・わかめ(乾燥カットわかめ3つまみ)

・万能ネギ

・だしの素(このみで4g~8g)

・塩少々

 

<作り方>

・米と水を入れた1人前用土鍋に火をつける

・沸騰しはじめる頃、だしの素を入れて弱火にして蓋をする

(蓋は少しずらす。沸騰して溢れるので必ず鍋の側で見守る)

・時々かき混ぜながら、弱火のまま20分~30分

・わかめ投入、塩少々振る(卵がある場合は、ここで溶き卵を投入)

・1分かき混ぜたら、火を止めて刻んだネギをかける

以上!

 

私はこれで2日で回復したよ。(でも、わかめは消化注意)

 

食べた瞬間「おいしい」と感じた時は、涙出そうなほど感動したー!

食べれるって幸せ。

健康って幸せ。

本当に心から、自分の身体を大事にしようと思ったのよ、私。

 

だからあなたも自分の身体、大事にしてね。

漫画紹介アラフォー女が読み返したくなる「鈴木由美子先生の『いけいけバカオンナ!』」

こんにちは!
WEBライターをやりながら天職を追求する主婦、ドラタケちゃんです♪


書くことが好きで、ブログで執筆練習をしております。

 

今日はアニメから珍しく離れて単行本の紹介。(これまでの紹介自体少ないが)

 

前回のブログ執筆中ふと「白鳥麗子でございます!」を思い出す場面があって、超懐かしくなった。

大好きな「鈴木由美子先生」の作品♪

また読み返したいけど、どこにいった?私の漫画(笑)

てことで、すみませんが完結にまとめられたこちらのブログをご紹介。

drama-suki.com

 

今は漫画を読むということが無くなったけど、鈴木先生の作品がドラマで実写化されているのが、すごく嬉しい♪♪

 

実写化は、どんな評価があろうと原作の宣伝になるものだからね。

 

でも!!

 

 今回、私が紹介したいのはコチラ!!

kc.kodansha.co.jp

 

これねー、漫画を読むのがちょっと面倒だと思っていた私が、かなり惹きこまれた作品。

どうしましょ、ネタバレせずにどう伝える?(笑)

まー、どうせ私の記事なんて読む人はそういないので安心♪

 

この「いけいけバカオンナ!」は1993年12月に発行されたものなので、なんと「白鳥麗子でございます!」より前の作品。

白鳥麗子でございます!」は「ツンデレ」の走りだと、私は思っている。

(世に出て流行ったという意味で。ツンデレという言葉は別の漫画家さんから発祥)

 

 でも「いけいけバカオンナ!」は「白鳥麗子でございます!」の原点となった作品ではないか?と勝手に推測している。

 

【この物語の見どころ「同世代ならわかるはず」】

 

主人公は女子大生の「杉山ゆうこ」。

見た目イケイケの超見栄っ張り。

流行りモノが大好きで、目立つのが大好きで、高飛車な性格。

「彼女は常に自分が一番」

美人なのは私、モテるのは私、なんでも似合ってしまう私。

いっちょ前にプライドが高いが、本当の自分は地味なオンナ。

でも、「女性の中に眠る欲」のようなものに、どこか共感してしまうのだ。

180度違う素の自分は絶対晒したくないものだが、よりによって見られたくない相手に本当の自分がバレるのである。

さてここからオンナはどうなる?

ここからまさかの展開に!!

 

【作者「鈴木由美子」先生が好き】

 

よく漫画の途中に「作者(漫画家)のコーナー」があり、作者がひとり言のようにつぶやいていたり、面白日常を語っていた。

そんなちょっとしたところも楽しみだったが、今の単行本にも、そんな枠があるのだろうか。

読者が見えない作者を、ここで知る。

読者にとって漫画ともう一つ楽しみだった作者の世界。

 

鈴木先生は昔からワンちゃんを飼っていて、自身のコーナーでは、よくそのワンちゃんとの日常を綴っていた。←マルチーズが大好きらしい

その愛犬のイジり方や、溺愛の様子の表現が面白い鈴木先生

オフィシャルブログを拝見すると、現在の愛犬の名が

「ウニ、ネギ、ナス、ニラ、タマ」ちゃん達(笑)

すっごくかわいいが名前だけで吹いてしまう。

 

【意外なオチ】

 

このストーリーはバブリー時代のリア充あるある!

私はバブリー時代の最先端を生きた世代では無いが、普通に今でもあるある話。

「オンナって、そーゆーとこあるよね」

「オンナって本当はそーだよね」

リア充のウラに隠された、人間味というか情緒溢れる部分がグッとくる。

人はギャップに弱いが、最初は主人公が鼻につく分、実は弱みがあったところがまさにキュンとくる振り幅がハンパない。

 

驚いたのは、漫画の冒頭にも書いてあるが、これは作者が「ある人」をモデルに捧げた物語。

どこまで脚色しているかはわからないが、実話をもとにしているのだ!←ここ重要

意外にも笑いだけじゃなく、涙ありが待っているコメディストーリー。

 

ぜひご覧ください・・・って鈴木先生、すみません。

私はやっぱり、作品紹介が下手な「なんちゃってライター」です;

見られ・・・たい

f:id:doratake_3JSB:20180524134327j:plain

こんにちは!
WEBライターをやりながら天職を追求する主婦、ドラタケちゃんです♪


書くことが好きで、ブログで執筆練習をしております。

 

「自己満足じゃアクセス数も伸びないしアフィもできない」

最近、わたくしー、そー思うの。←言ってるわりに変わらない人

 

「私はライターであり、ブログは執筆練習に過ぎない」

なんてー超カッコつけちゃったケド。

 

ちょっとずつ、わたくしを褒めてくれるヒトが増えて。

応援してくれるヒトがいて。

読者さんになってくれるヒトがいて。

 

そしたらー、気がついたらー、欲深くなっちゃってしまうわたくしがいるのぉ。

「もっとぉー・・・見られたい♡んふ」←ヘンタイか!

 

だって、少なくったってー、わたくしのブログをー面白いとかー楽しいとかー。

1人でもいるカモしれないじゃない?

 

ゎかってるヨ。

 

アフィ目的とかぁ、ツイート拡散目的とかぁ。

 

そんなんで純情なわたくしをほのめかしているんでしょ?

わたくしすぐ「惚れてまうやろー」の方と同じで、恋愛体質だカラ。

遊ばれているのもわかってるの。

 

でもぉ、わたくしが面白かったりカンゲキしたら、ブクマするしツイートで拡散するし。

あ、カンゲキといえばヒデキ兄貴、素敵な歌声をありがとー♡

偉大なヒトがどんどん遠い所に行ってしまうのネ(泣)

ファンだったわたくしの母上が、すごく落ち込んでいるかと思い心配して電話したら、全然元気でビックリしたケド。

兄貴のハスキーヴォイスかっこよかったデス☆

「悔しいけれど~♪お前に夢中~♪ギャランドゥ~♪」

「リゥイ~ンリーン♪ラ~ンラ~ン♪ソォーーーッセーージーーー♪」

なんて歌をあんなにカッコ良く歌えるのゎ、兄貴だけデス!

 

あ、それで~、さっきの続きなんだケド~。

わたくしはーわかっててもぉー相手の思うツボ女子。←女子

 

でもね、でもね。

みんなすごく面白いブログなのぉ。

見てたら「これ、わたくしへのブログなの?」って思うのぉ♡←単にアブナイ人

 

えっ?お前がそうならないといけない?

そだね~♡ 

 

わたくし思うの。←まるで人の意見を聞かない←成長しない←バカ者

わたくしのブログを見て反応して下さるってことはー。

わたくしも、その方のブログを絶対見るべきなの♡

共感するモノがあるカラ。

お勉強になるカラ☆←成長する気はある

 

でもね、待っててもダメ。

自分カラいかなきゃ。

 

そぉやって、新しいわたくしを切り開いて、もっとわたくしを見てもらうの♡

「見て見てぇ~♡」

ウン、ちょっと勘違いした白鳥麗子だね。←好きな作品の1つ

一歩間違えると「ストーカー体質」?

 

ストーカーって・・・自分では気づいていないからね。

 

ヤダ。ホラーで終わっちゃう。

やだやだー!

 

次ゎ~何キャラでいくぅー?

キャー楽しいー!!★♪◆♡←結局めでたい人=パリピ体質

 

 

許してあげる

f:id:doratake_3JSB:20180521161704j:plain

今週のお題「あの人へラブレター」

 

元気?

 

あの時あんなに短気で、怖い人って思ってたあなたが、前に見た時はとてもかわいそうに見えた。

お互い歳を取ったからかな。

 

あれ?

前にって・・・もう10年くらい経つんだっけ?

覚えてもいないや(笑)

 

今、どうしてる?

腰痛が原因で仕事ができない、っていうような噂を耳にしたけど。

 

心配しているフリじゃないよ。

私、あなたの長女だから。

本音はね、手料理を作りに行ってあげたり、夫や子供を紹介したいと・・・心のどこかで思っている自分がいるの。

 

子供はまだ授からないけど、妹が一度見せたから良かったかな。

あなたの次女はパパっ子だったから、乗り越えるのは相当辛かったと思うよ。

もしかしたら今も、まだ乗り越えられていないのかなーと、ちょっとだけ思うんだ。

 

急に私がこんなことを言い出したのはね、私はもう、あなたを許しているから。

 

色々あった時、私を助けてくれた人がたくさんいて。

今の私と話をしたら、きっとそれが分かると思う。

 

あの時は辛くて、暗闇のどん底にいて、あなたが憎くて仕方無かったけど。

溢れる辛さにどうしたら良いか分からなくて、八つ当たりで他のみんなを憎んだ時もあったけど。

 

でも、何度も夢に見たし、何度も恋しくなった。

それはね、周りの親戚の「おじ・おば」が、誰ひとりあなたを悪く言わなかったから。

 

「バカな男だね、まったく」って、言ってはいたけど・・・私に「あんたのことをね、すごくかわいがっていたんだから」って、たくさん昔話を聞かされたよ。

 

私が幼児だった頃は、仕事休みに毎度「オムツや着替え」を持ってドライブに連れて行っていたとか、お風呂も絶対入れてあげてたとか。

 

エレクトーンって高い楽器を買ってくれたのも、私だけだったね。

初めての子供で長女だったから、私が一番かわいがってもらっていたんだね。

 

今ね、吹奏楽団に入っていて、ドラムもアルトサックスもやっているよ。

カラオケに行ったら、お父さんより上手だから驚くでしょうね。

・・・一緒に飲みに行ったりしようって、言ってくれたのにね。

 

あの時、なぜ私がお父さんの家に行ったか、その時はお父さんは分かっていなかったから辛かったでしょ?

あの時の「一緒に飲みに」って言うお父さんの誘いに、返事をせずに出て行った私の辛さも分かってくれるかな?

一人で何度も泣いた私の辛さを分かってくれるかな?

 

今になってね、一緒にお酒を飲みながら趣味のことや仕事のことを語り合いたいって、思うんだ。

お父さんも私も生きているうちに。

生きていて、今は同じ島にいるのに、こんなに遠いなんてね。

 

ずっと伝えたいことがあったの。

お父さんとお母さんが結婚したのも間違いじゃなかったし、お陰で私がこの世に生まれた。

そして、お父さんとお母さんが離婚したのも間違いじゃなかった。

ちょっとキレイな形じゃなかったけど、離婚に「円満離婚」なんて無いからね。

円満離婚ができるなら、上手くいっているはずだからね(笑)

 

あと、お母さんにも言ったことだけど、私はどっちの味方とかじゃなかった。

2人に原因があるから。

ただ、原因がどうであれ・・・なぜお父さんに天罰が下ったのか、わかるよね?

 

大人になって、大人の世界も知って、たくさん学んだよ。

子供が生意気に言うけど、両親がうまくいっているかいないか、子供は分かっている。

だから、うまくいかないなら離れた方が、みんなのためになる。

私はそう思ったから、お父さんを引き止めなかった。

 

でも私は後悔していない。

あのことがあったから、男女の違いというものを知った(笑)

全てを責めたたり環境のせいにした、自分の愚かさを知った(笑)

生活の苦しみを乗り越えたことで、本当の幸せが「お金じゃない」ことを知った(笑)

 

私を成長させてくれて、ありがとう。

本当はね、あなたが大好きよ。

お父さん。

ねぇ。聞いてくれる?

 

f:id:doratake_3JSB:20180521145726j:plain

こんにちは!
WEBライターをやりながら天職を追求する主婦、ドラタケちゃんです♪


書くことが好きで、ブログで執筆練習をしております。

 

ねぇ。聞いてくれる?

ちょっと昔ね、私さー、旅行代理店に勤めたことあったじゃない?

あれさー、よく10年も続いたと思わない?

まぁ・・・私を指名してくれるリピーター客もいたから頑張れたのもあったけど―。

 

「ちょいブラック企業」だったからさ(笑)

 

あの頃は、ブラック企業なんて言葉無かったよねー?多分…

今は自殺者を出すほど、人を追い込むブラック企業が多いなんて、許せないね。

 

一般的な中小企業に多い「ちょいブラック企業」だけどさ。 

「うちは残業代出ないから、早く帰りなさいね」って簡単に言う上司。

帰ったところで仕事を片付けてくれる人はいないじゃない?

だから翌日、また新しい仕事が積み重なっていくわけで。

誰も見て見ぬフリで、結局自分が「サービス残業」をしてでも、その日でやり終えなきゃいけないのよね。

 

帰る時はいつも星空を見上げながら、駐車場に向かって歩いていたな~。

 

ミスをした時なんか最悪。

よりによって割引の旅券を手配ミスしてしまったもんだから、客と上司の狭間でグチグチ言われた挙句「あなたの責任だからね~」って自己負担させられたのよ!!

 

えっ?それは自業自得?

ちょっ、待てよ~。

日程を間違えてしまったのは事実だけど・・・すっごく申し訳ない気持ちで苦しんだから、会社は私を助けてくれると思ったの!!

 

上司はことあるごとにさー「俺達の若い頃は理不尽に叱られても、我慢して〇〇したんだ」みたいな話を、さも武勇伝のように語ってさー。

こっちは「あっそ」ってしか思っていないのに!!

 

若手の育成はモチベーションを上げてやることが大事じゃね?

上司は部下を思いやり「かばって」くれたり、自らが良いお手本となって仕事ぶりを見せてくれれば部下だって、喜んで務めを果たすと思うんだー。

 

企業家でもないし、社長の器でも無いけど、1つだけ言いたい。

会社って自分にとっての「ロールモデル」がいれば、自然と良い人材が育成されて、会社自体の質が上がるんだよ!・・・って思わない?

質が上がれば、比例して利益が上がるんだよ##

 

本人に適した人材評価をする管理職が、どれだけいるかね?

 

それなのに~、上司のミスで濡れ衣を着せられた時はマジでビビった。

私、なんて言われたと思う?

「手土産持って、お客様のところにお詫びに行った方がいいかも」って!!

私がですか?って思わず聞き返したよね。

 

上司が予約した団体の席が当日になって、予約されていなかったって手違いがあってさ。

数日前に「予約確認」をするよう言われて、私が間接的に関わってしまったのが悪運よね。

確認の時点では席が取れていたのに、当日席が無かった。

それを予約センターに怒れないもんだから「私のせいにした」わけ。

 

あの人、平気な顔して、私1人にお客様の自宅にお詫びに行かせたのよ。

もちろん後から手土産代なんてもらえなかった…ってゆーか請求できなかった。

だって、その当時私はまだ20代前半で上司は30代後半の男性だったし。

普段からあまり冗談とか通用する人じゃなかったから、怖かったもん。

 

でも真面目に悩んだし、相当な屈辱だったな。

それから私より5つ年上で、同じ部所の「先輩女性」と比べられたのもね。

 

その先輩女性は大した「ヤリ手」だったよ、美人でサバサバしている性格で。

取引先の「公務員系」には、自ら旅券の配達に出向いてたんだけど、あからさまに手土産とか持って行ってたの。

それを見た上司は、決まって私にこう言うわけ。

「あんたも見習いなさい」

 

そんなこと当たり前にやってました!!

私は腹黒い女だから、その女性先輩と違って「みんなに気づかれないところ」で配ってたの(笑)

やるでしょ?私♪

 

でも結局嫌われ者の私は孤独のままさ;

先輩が結婚披露宴をした時、社員は女性と上司だけ招待したらしいんだけど・・・私だけハブられたし(笑)

まーそれが私の全てで、私自身に対する妥当な評価だったって、今なら分かるけどね。

 

きっと「なんで私だけ?なんで私ばかり?」って、悲観的になっているのが、毎日顔に出ていたんだと思う。

向こうにとっても、私は「あの女、あからさまに私と上司に嫌悪感抱いてるわね」って見えていたんだと思う。

 

今は相談事をされることが多かったり、私の言葉なんかに励まされるって言ってくれる人がいるんだけど。

 「あの時の嫌な私」のお陰で、人を疑う前にまず自分を見直すことにしているし、人の心の傷みを考えるようになったと思う。

経験が自信をつけて、心にゆとりができたのかな?

 

いい子ちゃんでいたかったから、過去のことを根に持っているって思われたくなかったから我慢していた過去・・・

そして、あの時はこれが言える人がそばにいなかったから・・・

なぜ今、言いたくなったのかわからないけど、ものすごく気が楽になったんだー。

 

ありがとう、聞いてくれて。