オノレとのたたかい

ドラムがちょっと叩けるタケちゃんのフリーランス転職戦争

レビューデビュー 電子ドラムTD-1KPX-S(下の上レベル者)②/2

こんにちは!アラフォー主婦ドラタケちゃんです🎵
フリーランス関連のお仕事を目指して、ブログでライティング練習中です😌

ブログの時間がなかなか取れないことが問題ですが、少しでも早く作成できるようになるために、とにかく続けます!

さて、前回の「電子ドラム購入の続き」です。

◎ドラムキット(音色を集めたセット)
f:id:doratake_3JSB:20170424230254j:plain
これがドラムの音源です。
15種類の音色‼
例:ジャズ用、ハウス用、ロック用、パーカッション用など。

★他の機能
メトロノームによるテンポ練習
・テンポに合っていたらメトロノームの音が小さくなり、ズレが大きいほどメトロノームの音が大きくなる→基礎練習向き!
・数小節メトロノームが鳴って、途中で鳴らなくなって、再びメトロノームが鳴る→身体でテンポを覚えるレベルアップ向き!

②コーチ機能
メトロノームのビートに合わせて叩くと、画面に「遅れぎみ、走りぎみ、ジャストタイミング」と表示→自分のテンポ感がわかる!
・採点ができる→ドラタケ初回は65点。
メトロノームのリズム変化練習があり、全音符→2分音符→4分音符というように手数が増え、連符の練習ができる!
・録音機能あり。

③song機能
・ギター、ベースなど打楽器以外の楽器で演奏される曲が延々流れる→実践練習!
・ロック、ファンク、メタル、ジャズと色々あり15曲内蔵!

④パソコン、iPadと接続可能
・遠隔で仲間と繋がり練習ができる。
・好きなアーティストの曲で練習ができる。



◎モニター
f:id:doratake_3JSB:20170424234715j:plain
ヘッドホンではなく、よりドラムらしく外部に音を出すための専用のスピーカーです。

★質量(→ここ大事):12㎏
見た目はコンパクトだが、小柄な女性には重い。ただし、ハンドルバーがありそこまで問題ではない。

★ステレオ標準からステレオミニ接続ケーブルは別売なので注意!→こういうの弱いから苦労したドラタケ。

★ドラムキットのsong機能で練習をすると、ドラム音とsong音の音量バランス調整が少し難しい。スタジオとかなら思い切り出せるのでいいと思う。


〈利点まとめ〉
1.コンパクトで持ち運びに優れていて、パッドはメッシュタイプの方が良い‼
2.音色の質もバリエーションも文句無し‼
3.song機能で独自センスが磨かれる‼
4.専用モニターでスタジオ練習や、20人そこそこの吹奏楽団でも使用できる‼

〈問題点まとめ〉
1.広げる→折りたたむ、が手際よく慣れるには時間がかかる。
2.本物ドラムセットに慣れていた人には、構造上仕方のないスネア、タム、ハイハット等の配置に妥協が必要。
3.高さや角度に必要な調節用ドラムキーが1つのみなので、管理注意。→予備が欲しいところ。
4.song機能にエンディング練習が欲しい。→エンドレスなので、何か1曲でも終わる曲が欲しかった‼

以上‼
いかがでしたか??
ドラタケは最終的には購入して良かった派です✨
パッドの効果なのか、本物ドラムよりうまく叩けてる気分が味わえます(笑)

これから趣味も上手に楽しまなきゃね🎵
よし、仕事辞める前にまた貯金するぞー‼