ライティングハンター

ドラムがちょっと叩けるタケちゃんの天職追求訓練ブログ

バッター液でコロッケを作る

f:id:doratake_3JSB:20180518102851j:plain

こんにちは!
WEBライターをやりながら天職を追求する主婦、ドラタケちゃんです♪


書くことが好きで、ブログで執筆練習をしております。

 

今夜のメニューにコロッケはいかがですか?

急に方向性変わりましたが、ブログでレシピを公開したり、自分が作った料理の画像を貼ったりすると、料理の腕が上がるのだそうです。

 

ちなみに、右上の一見キンピラにも見える千切りのものは、言っておきますが「フライドポテト」です!!

誰がなんといってもフライドポテトです。

 

そして、フライドポテトもコロッケも「揚げたのはダンナ様」です。

私が揚げる時は、あんな色になるまで揚げません。←人に任せて口出すタイプ

 

フライドポテトは2人分で、私が1人でたいらげるものではありません。

 

さらに強調しますが、ご飯の量は食べている途中に撮ったのではありません。

あの量でもコロッケ1個とご飯は残っちゃいました!!(ちなみにご飯は雑穀米)

もう、私は大食いではありません(笑)

 

お味噌汁にネギが無いのは、ネギが嫌いだからではありません。

たまたま無かったんです!!

 

生野菜の無い野菜率の低さ。

これも、たまたま無かったんです!!

 

てゆーか、料理のことより自己主張が強いですね。

自分でも、この話がどこまで行くのかと思いました。

 

さて私は、無類のじゃがいも好きで有名です。←母とダンナ様の中で

 

母と私が2人だけの生活をしていた頃、母が夕飯に味噌汁とサラダと「茹でたじゃがいも丸ごと1個」を出したことがあるほどです。←実話

 

新じゃがの季節は私にとって天国です♡

あちらこちらから新じゃがをもらいます。

遠慮なく「ハイ!!喜んで!!」ともらいます。

 

ダンナ様は好き嫌いが無いので、じゃがいも攻めの料理でも文句を言いません。

でもダンナ様にとってはきっと、じゃがいも地獄です(笑)

 

そんなことより、コロッケですが。

我が家のコロッケは、ダンナ様からの評価が高い人気メニューの1つ♪

カラッと揚げるために、インターネットの力にどれだけ頼ったことか!!(笑)

 

お待たせしました、ここにきてやっと本題!!

 

みなさん、バッター液ってご存知ですか?

「今頃何言ってんの?アンタもう主婦何年目?」

というレベルですが、30代後半にしてやっと知りました。

 

これは揚げ物の調理法の1つです。

普通はタネを作ったら、小麦粉や卵と別々に浸しますが、バッター液は小麦粉や卵は最初に混ぜます。

そこにタネを浸し、別容器に入れたパン粉につけます。

 

卵1:小麦粉大さじ4:冷水大さじ2:塩コショウ少々。

バッター液は、この黄金の比率で混ぜ合わせておきます。

(コロッケだと多分、4~5個くらいの量分あります。 )

 

じゃがいも(2個)と玉ねぎ(半分をみじんぎり)はレンチンです。

具は玉ねぎ、シーチキン、コーンくらいで十分です。

(上級者は、ひき肉と玉ねぎを炒めて入れますが、何やら面倒そうです)

 

下味は塩コショウくらいで、食べる時に好みでソースをかけると良いです。

カレー粉末で味付けするのもヨシです。

何時間寝かすとかいらないです。

パン粉は100円以内で買えるサクサクのものより、少々高いソフトパン粉が良い気がします。

 

もっと早く楽に作りたければ、玉ねぎを抜くと良いです。

 

揚げる温度はわかりませんが、コロッケのネタ作りであまったパン粉の塊を入れて確かめます。

油の量の半分~ちょい上くらいに沈んだ当たりで、塊が上がってくるくらいが目安です。

 

中火ですが、色がつくのが早いです。

表の衣の部分だけに色がつけば良いので、キツネ色になったらすぐ皿に移します。

 

 

一応レシピ風に紹介してみました。

私は決して料理上手ではありませんが、食べることが好きです。

 

男心を掴むには、まず男の胃袋を掴めと聞きますが、そのとおりです。

でも、押しつけはNGです。

自分の美味しいと、他人の美味しいは違います。

 

サクッと揚げたコロッケなら、油感も少ないので、じゃがいも嫌いでなければきっと喜ぶことでしょう。

超面倒くさがりの私でも、これを機に揚げ物ができるようになったので、あなたにもきっとできます。←上から?

あきらめないで!あなたのコロッケ!

 

 

以上「我が家のコロッケ」でした。