ライティングハンター

ドラムがちょっと叩けるタケちゃんの天職追求訓練ブログ

海が目の前!奄美のホテル「アダンオンザビーチ」(別館)2/2

いよいよ終盤に差し掛かりました。

ボリュームが多く、記事を分けております。

ご了承ください。

 

さて前回のつづき奄美のホテル「アダンオンザビーチ」についてです。

 

 

3.最大のポイント

先に2Fの良い部屋を見せたので、後が…

と心配されていた支配人サマ。

 

普通はそうですよね。

誰もが2Fを好みますよ。

海や白い砂浜を上から見下ろしたいですよ。

 

2Fのビーチサイドファミリー、ビーチサイドスーペリアはとても広い空間のお部屋でした。 

 

1Fは期待値が下がるもんです。

・・・と思ったら・・・

 

見事に期待を裏切ってくれました。

 

・1F客室は、テラスから海に行ける!

f:id:doratake_3JSB:20180911152321j:plain

1Fならではの超お得な特権。

 

なんとテラスの下が白い砂浜で、テラスからそのまま海に行けるようになっています。

(満潮の時はもう少し海が近づくそうです♪)

 

ホテル専用、建物の外横にはシャワーが2室とトイレ1室をご用意。

 

ですが、ちょっと休憩してまた泳ぎたいという方・・・

足だけ海につけてキャッキャとはしゃぐだけ、という方・・・

 

テラスの手すりをよく見てください。

(上の写真)

シャワーが付いています。

下には別蛇口も付いていました。

 

これで、海に行っては戻って、ちょっと洗って・・・

テラスのリクライニングチェアで休憩して・・・

と、好きなだけ海が満喫できるのです。

 

ちなみに台風の際、ここ側はなぜか海風が

そんなに当たらないらしい。

立地条件最高ですね。

※当然ですけど台風時は海で泳げません!!

  

このプライベートビーチ感、本当にVIP気分が味わえます。

ちなみに2Fからも、海側に降りるための階段があります。

 

これは、ずっとお部屋で過ごしたい気持ち、わかりますね!!  

 

・別館は全室、照明色が2パターンあり

 

客室の照明は、ダウンライトのように、暗い感じだったりオレンジ系の電球色が多いもの。

 

でも、こちらの別館アダンオンザビーチは面白いことに、ワンタッチで「電球色・昼白色」の切り替えが可能なんです。

 

朝から昼間は、明るく見やすい昼白色に。

夜は外が真っ暗になるので、昼白色のままだと目が疲れます。

そこで目に優しい電球色にワンタッチ切り替え。

お部屋の雰囲気がガラッと変わります。

 

また、各部屋のオシャレなスタンドライト・またはテーブルライトが、落ち着いた大人の空間を演出します。

 

4.おまけ

そうそう、建物の外横にシャワー室があるとのことでしたので、実際に見せてもらいました。

・館外のシャワー室

f:id:doratake_3JSB:20180911154101j:plain

「ちょっと水アカやシミが・・・」なんて思うかもしれません。

 

でもこの設備は、奄美で十分親切な方です!!

キレイに丁寧に作られています。

(海水浴場にはシャンプーなんて置いていません)

 

この横にトイレがあります。

 

奄美に来たら海は見なきゃ損です!

f:id:doratake_3JSB:20181016171528j:plain

モデルさんがいいので、絵になりますね♪

倉崎ビーチは「すぐにでも泳ぎたい!」と思うほど海がキレイでした。

 

・お酒好きな方

お部屋やリクライニングチェアでお酒を楽しみたい方は、別館では販売していないので、事前にお酒を調達しましょう。

(レストランでの食事の場合は、もちろんお酒もあるのでご安心を)

 

空港から来るまでに島のコンビニがあるので、そこがおすすめ。

「島人mart(しまんちゅマート)笠利(かさり)店」

Google マップ

 

または、ネイティブシー本館でも販売しています。

 

・ハブや虫、紫外線に注意

ここはどうしてもデメリット部分になりますが、山奥ですので夜は特に徒歩散策は控えましょう(笑)

明るいうちは大丈夫ですよ!

夜のハブ遭遇も滅多にありませんし時期にもよりますので、念のため気をつけて下さいということです。

 

食事は本館のレストランへ移動しますが、ホテルの方にお願いしたら、本館まで送迎してくれるそうですのでご安心を!

 

また真夏は虫が活発なので、窓の解放に注意しましょう。

18時くらいから蚊が多くなるのでさらに注意(笑)

夏は網戸があった・・・と思いますが、ホテルに確認してみて下さい^^;;

 

紫外線が強いので、真夏の昼に泳ぐ際は強めの日焼け止めを塗って、できるだけ短時間ですぐ休憩を取って下さいね。

(午前は10時くらいまで、午後は16時以降くらいの時間帯が理想的) 

 

まとめ

ガチレポというか、自分の押しつけがほぼでしたが(笑)

そのくらい、とっても魅力的なホテルでした!

 

こちらの別館「アダンオンザビーチ」も前日までに連絡すると、空港までの送迎が無料です。

 

特に観光の計画は無いけど、ゆっくりとくつろぎたい。

プライベートタイムを誰にも邪魔されず大事に過ごしたい。

海がとにかく大好き。

 

そんな方におすすめしたいホテルです。 

ネイティブシー奄美もアダンオンザビーチも、沖縄の超リゾートビーチホテルなんかより、全然リーズナブルですよ!

お1人最高でも、2万円いかないです。

 

興味がある方はぜひ、利用してみて下さいね!

www.native-sea.com

 

 

以上、長々と読んでくださりありがとうございました! 

ブログで執筆練習をしながら天職を追い求めている、
そんな主婦ライターのドラタケちゃんでした♪


今日もあなたとのご縁に尊尊我無
(トウトゥガナシ=感謝)★ミ